アンチエイジング化粧水ランキング

人気のあるアンチエイジング世代向け化粧水を実際に使用しておすすめ順にランキングにしています。
また、アンチエイジングにまつわる面白エピソードも掲載しています。

アンチエイジングの化粧品を使用しています

 

私は40代になってから、お肌の老化がかなり進んでいるなぁと実感しまいた。若いころはお肌のことは気にならずに、そんなにケアもしていなかったのですが、若いころからちゃんとスキンケアをしておけば、今頃もっとお肌の状態が良く保てていたのかなぁとも思います。

 

シミやシワなどが増えてきましたが、私は今からでもちゃんとケアをすればお肌が若返るのではないかと思って、アンチエイジングケアをしてみようと思いました。

 

私は今までは化粧品にはあまりこだわっていませんでした。安い化粧品を選ぶことが多かったのですが、それでは自分のお肌に合っていないのではないかと思いました。

 

私はアンチエイジングの化粧品を使ってみようと思いましたが、アンチエイジング化粧品も調べてみると種類がたくさんありました。私はその中でも、アヤナスという化粧品を使ってみることにしました。

 

アヤナスという化粧品を初めて知ったのは、ある雑誌を見てからでした。その雑誌を見ていたら、アヤナスという化粧品はエイジングケアとしてとても注目されていて、ネットで調べてみても口コミがたくさん書いてありました。アヤナスを使ってからは、肌が潤って実年齢よりも若く見られたということが書いてあり、私はこれを使ってみようと思いました。

 

とりあえず、最初に10日間のトライヤルセットを注文しました。値段も安くてお試しで使えるということだったのでやってみました。化粧水と美容液とクリームが入っていて10日間続けて使ってみました。

 

私はそれを使ってみて、これはとてもいいなと実感できました。私は冬場には粉がふくほどの乾燥肌だったのですが、そのアヤナスのトライヤルセットを使ってからは、お肌がだんだんと潤っていきました。効果がかなり出て、これならアンチエイジングのケアにも期待できると感じて、アヤナスを購入することにしました。

 

アヤナスを毎日使うようになって、私はお肌に張りが出るようになりました。乾燥肌は改善されましたし、お肌のトーンも明るくなっていきました。旦那にもお肌の状態が良くなってきたねと褒められました。私はこのアヤナスというアンチエイジング化粧品を使ってみて本当に良かったと思っています。

 

私はますます若返ったお肌を手に入れたいと思って、美容サプリも飲んだりしています。プレセンタやコラーゲンなどはお肌にも良いので、積極的にとるようにしています。私はこれからもアンチエイジングケアをして、いつまでも若々しいお肌でいたいなぁと思っています。


正しいスキンケアでアンチエイジング

 

スキンケアをしている女性は大変多いと思いますが、実は正しくスキンケアができているという人が少ないように思います。正しいスキンケアというのは、それだけでもアンチエイジングに繋がりますし、逆に間違ったスキンケアを長く続けてしまうと老化を早めてしまうという危険性もあるのです。なので、正しいスキンケアでエイジングケアをする方法を紹介していきたいと思います。

 

まずは洗顔から説明をしたいと思います。

 

女性はどうしてもお化粧をしますから、洗顔料でばしゃばしゃ洗ってお終いという方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。お化粧を落とすために、多くの人がクレンジングを利用されるかと思います。しかし、このクレンジングは肌にとっては大変な負担になりますし、肌をこする回数も増えるという事でおすすめできません。

 

おすすめなのは、無添加石けんで洗顔を一回だけする事です。それによってだいたいの化粧品を落とす事ができます。それでも多少残るという場合、そのままでも問題はありません。

 

肌には老廃物を排出する機能がありますし、ごしごし洗いすぎて皮脂を全部とってしまうよりも、少しくらいなら化粧品が残っている方がましです。もちろん、全て洗い落とすにこした事はありません。

 

次に基礎化粧品は最低限のものを使うようにしてください。色々な美容に良い成分がたくさん入った美容液などを使いたい気持ちもわかりますが、化粧品には実はそこまでの効果というものはありません。

 

最低限、保湿ができれば後はシンプルな方が良いです。余計な添加物が入っていない、シンプルな保湿のできる基礎化粧品、それもクリーム一つ、乳液一つなどで十分です。

 

色々と肌にのせて肌をいじりまわすというのは、それ自体が肌にダメージを与え老化させる原因になるので、注意をしましょう。また、何も塗らなくても乾燥しない健康で丈夫な肌な方は、そのまま何も塗らなくて大丈夫です。

 

日中のスキンケアについても説明をしたいと思います。日中は冬であっても屋内であっても、日焼け止めをしっかりと塗りましょう。肌の老化には光老化というものがあり、この光老化により多くの老化が引き起されているという研究結果が出ています。つまり紫外線をしっかりと防げば、それだけ老化を少なくする事ができるのです。

 

まとめると、紫外線対策、無添加石けんでの洗顔、保湿重視のシンプルなケア、この三つの正しいスキンケアが、アンチエイジングには何よりも大切になります。


アンチエイジングで大切なのは軽い運動

 

アンチエイジングで大切なのは、睡眠や食事以外に運動があります。

 

むしろ、運動が無いようなアンチエイジングは、無いと言ってもいいほどでしょう。

 

しかしながら、やみくもに単に身体を動かすといいということではありません。

 

運動するためには、効果的な時期、適切なものがあります。

 

アンチエイジンにとっては、糖化が大敵です。

 

糖を過剰に摂ると、体内で糖が蛋白質と結合して、最終糖化産物ができます。

 

このできた最終糖化産物が血管や皮膚、内臓などに沈着するため、機能が低下してきます。

 

このことを糖化と言います。

 

この糖化を防ぐためには、食べる順番を十分に考えたり、低いGI値の食品を摂ったりする方法などがあります。

 

しかしながら、食事を摂った後に、軽く1時間程度運動することも効果が非常にあります。

 

では、食事を摂った後の運動として、最も適しているのはどのようなものなのでしょうか?

 

食事を摂った後に血糖値が上がり始めるのは、ブドウ糖が血管の中に入ってきてからです。

 

摂った食事は、胃や小腸に入ってから、ブドウ糖に糖質のでんぷんなどが分解されるようになります。

 

その後に血管の中に入るようになりますが、血糖値が15分〜20分くらいで上がり始めて、ピークに1時間〜1時間半くらいで達して、2時間くらいで下がるようになります。

 

このピークの際にエネルギー源としてブドウ糖を消費するような運動をすると、糖化が抑制されるようになります。

 

しかしながら、運動は激しいものをすると、消化を妨害するようになります。

 

そのため、おすすめなのは軽い運動です。

 

具体的な運動としては、20回くらいのハーフスクワットと15分くらいのウォークをするといいでしょう。

 

筋肉をハーフスクワットによって使用し、有酸素運動に歩くことによってなります。

 

このハーフスクワットと歩くことを組み合わせることによって、糖化を抑えることができるのです。

 

ハーフスクワットの場合は、軽く腰を落とす程度で、90度膝を曲げると十分でしょう。

 

階段の上り下りを、ハーフスクワットの代わりに行っても問題ありません。

 

15分くらいウォークの場合は、外で昼食を摂るために歩いて行ってもいいし、食事を摂った後に7分〜8分程度の距離を散歩するために往復するのもいいでしょう。

 

朝のウォークの場合であれば、朝食を摂った後、駅まで通勤するために歩いたり、あるいは駅にある階段を上り降りしたりすると、糖化を防ぐために役に立ちます。

 

アンチエイジングのためには、このような運動を心がけましょう。


 

肌トラブルの改善ときれいな肌を維持するために開発されたローション

管理栄養士の資格を持つ女性が開発した化粧品で注目されているのが肌トラブルの改善ときれいな肌を維持するために開発されたローションTOCCOローションです。

 

きれいな肌に必要なことはもちろんバランスよく食事を食べるということになりますが、それ以上に化粧品でのケアも大切と言われています。このTOCCOローションは、細胞レベルで研究・開発されたローションになっていて、肌に刺激を与える成分や不要となる成分は排除して、本当に必要なものだけで作られています。

 

このローションがアンチエイジングに良いとされているのは、EGFと呼ばれる成分を配合しているからです。EGFはヒトオリゴペプチドという成分で、もともと肌に存在していますが加齢とともに現象します。肌を再生させることができる成分として、やけどの治療などでも使われていて効果も確かな成分です。

 

このEGFも配合している化粧品は増えていますが、TOCCOに配合しているものは純度が良く高品質なので効果も実感しやすいのが特徴です。そしてオーガニックのローズヒップエキスも配合しています。

 

ローズヒップはビタミンCが豊富で美白効果が期待できます。そのためアンチエイジング全般に効果的なローションになっています。

 

さらっとした使い心地なのに1本で化粧下地や美容液、アイクリーム、角質ケアなど様々な役割を果たしてくれる万能ローションです。もちろんボディにも使用できます。

 

美STなどの女性誌でも沢山紹介されていて、実際に使用している人の口コミを見ると、アトピー体質でしたがTOOCOローションを使用したことで肌が落ち着いてくれていますという声や、肌の乾燥がひどいのでクリームやパックも試していましたが結局改善せず、TOCCOローションを使って初めて改善しましたという声や、肌にしっかりと染み込んでいくのが実感できますという声や、とってもしっとりして毛穴が目立たなくなりましたという声などたくさんの口コミが挙げられています。

 

ローションだけではちょっと物足りないとか、乾燥してしまうこともあるという場合は、美容オイルを保湿に使うのがおすすめです。せっかく無添加の化粧品を使っているのですから保湿も無添加のオイルにするのが相性は良いでしょう。

 

アンチエイジング化粧品は沢山ありますが、TOOCOローションのように1本で多くの役割をしてくれて効果のある化粧品は珍しいです。お試しサイズのボトルもあるので、まずはお試しサイズから

 

試してみてはいかがでしょうか。

 

 

気になるほうれい線対策

 

わたしは顔に肉がたくさんついているせいなのか、昔からシワはあまり気にならないほうでした。

 

しかし、30歳を過ぎたあたりから、口の周りのシワ、ほうれい線が気になり始めたのです。

 

あるとき鏡を見たときに、くっきりと出ていたほうれい線を見つけ、より老けてみえることに

 

気がついてから余計に気になってしまいました。

 

どうにかしてほうれい線を消したいと、悩むようになったのです。

 

そこで、いくつか試してみました。まずはコットンに、保湿系のしっとりタイプの

 

化粧水をたっぷり染み込ませます。そのとき化粧水を軽く温めておくと良かったです。

 

レンジで10秒ほど、かるく温かくなる程度です。

 

その化粧水を温めたものをコットンに染み込ませて、それをほうれい線の気になるところに

 

しばらく貼っておきました。

 

お風呂から出てスキンケアをした後に、やってみました。コットンが少し乾いてきたら終了します。

 

すると、ほうれい線の部分の肌がとてもやわらかくなっていて、線の部分がふっくらとして、

 

目立たなくなっていました。

 

このときに利用した化粧水は、ヒアルロン酸とコエンザイムQ10が豊富に含まれていたので、

 

効果がよりあったのかもしれません。

 

化粧水は、「NIDスキンローション」というものです。薬局でお値打ちな値段で売っていたので

 

買ってみましたが、量もたくさん入っていたので、気にせずたくさん付けることができました。

 

この自分なりの、ほうれい線の対策をつづけて1ヶ月経ちましたが、以前よりも線は目立たなくなって

 

きていますし、肌に優しい化粧水なので、肌にも優しいのでわたしはこのやり方をしばらく

 

続けていきたいなと思っています。

 

こちらの化粧水は、無香料なので、鼻の近くのほうれい線に塗っていてもにおいも気にならないので

 

おすすめです。

 

あと、ほうれい線の対策として食事で気にして摂取していたのは、大豆製品です。イソフラボンが女性の

 

肌に良いと聞いたことがあったので、積極的に取るようにしました。

 

わたしがよく食べていたのは、蒸した大豆です。そのままの大豆でくせもないので、おやつの代わりに

 

よく食べていました。どこのスーパーでもよく見かけますし、価格も100円くらいでしたので、

 

手軽に試すことができます。味もうすい塩味なので、そのままおやつに食べても美味しいですし、

 

サラダの上に乗せたり、ひじきの煮物に入れたりと、普段の料理にも使いやすかったです。

 

味にクセがないと、色々料理のバリエーションに対応可能なので、お豆腐なども食べましたが、

 

こちらのそのままの大豆のほうが使うことが多かったです。

 

コットンで化粧水を染み込ませる方法と、この大豆をよく食べたおかげなのか、以前よりだいぶ

 

ほうれい線がなくなったので、嬉しいです。

 

今からでもできる簡単なアンチエイジングとは!?

みなさん「アンチエイジング」というのはご存知でしょうか?

 

化粧品のCMなどでよく耳にしますよね。「アンチエイジング」とは簡単に言えば「若返り(心身ともに)」「老化防止」です。

 

さまざまなことが言われていて、呼び方も同じです。どれも「若々しく健康に生きましょう」という定義は変わらないです。
しかし「そんなことが本当に可能なのか?」「どうせ高いお金払ってエステにでも行くんでしょ?」と思う人も少なくないと思います。

 

"心配ありません"

 

ここでは簡単にアンチエイジングが行える方法を紹介していきます。

 

・ストレッチによるアンチエイジング

 

【二重あごをなくす】

 

@背筋を伸ばします

 

A5秒かけてゆっくりと天井を見てください

 

B3秒かけて舌を垂直に出します

 

C5秒間キープです

 

D3秒かけて舌を戻します

 

E5秒かけて顔を元の位置に戻します

 

5・3・5・3・5のパターンで行いましょう。

 

最初はキツイですが続けることで辛くなくなりますし、あごの周りも引き締まっていくのが実感出来ます。

 

【ほうれい線をなくす】

 

@唇を前に出して頬を最大に凹ませます

 

Aゆっくりと戻します

 

B口を閉じ、頬が最大に張れるまで空気を含ませます。

 

Cゆっくりと戻します

 

※@〜Cを10秒ずつかけてやるようにしてください

 

これらは驚くほど簡単ですが、続けることが難しく面倒になってしまうのです。

 

そんな時には好きな音楽を聴きながらだったり、テレビを見ながらでもやってしまえば、おもしろい+アンチエイジングできる一石二鳥の方法です。

 

"頑張らなくていい"のです"自然にやってしまえば"いいのです。

 

それが大事です。

 

・スキンケアによるアンチエイジング

 

【毛穴ケア】

 

@顔全体をぬるま湯で濡らします

 

Aスプーン一杯分の塩で優しく顔をマッサージします(まんべんなく)

 

Bぬめりを感じたらしっかり洗い落とします

 

※塩は市販の食塩で構いません。

 

これはいわゆる「塩洗顔」と呼ばれるものです。塩には血行をよくし、新陳代謝を上げることで正常な皮脂を分泌する効果があります。

 

それだけではなく、硬い角質を落とすソフトピーリング効果、殺菌作用によるニキビ防止効果、毛穴の汚れを落としカリウムという成分による毛穴を引き締める効果…など良いことづくめのアンチエイジングなんです。これなら生涯でも続けられますし続けたいと思わせてくれると思います。但し、やり過ぎは禁物。望ましいのは週に一回です。

 

このように一言で「アンチエイジング」といってもさまざまな方法があります。もちろんここに挙げられたものはそのほんの、ほんの、ほんの一部なのです。

 

大事なことは自分に1番合ったアンチエイジングを生涯続けることです。そのためにはどんな方法があるか自分で調べて、できるだけ多くのアンチエイジングを実践してみてください。健康でいることは自然ではないのです。自分で掴みにいくものだと私は思っています。

食べ物で体の中からケア

エイジングケアの基本は保湿です。肌が乾燥すると肌を守るために角質が厚くなります。厚くなった角質で毛穴がふさがれて皮脂がたまりニキビができたり、古い角質で肌がくすんだように見えたり、シミができやすくなります。保湿をすることでバリア機能が整い、紫外線に強くなってシミができにくくなる、古い角質がたまりにくくなってニキビやくすみが解消するなどの働きがあります。

 

化粧品で保湿することも大切ですが、肌は食べたものでできているので食事で改善することも大切です。体の中から整えることで、保湿化粧品の効果も発揮されやすくなります。では、どんな食べ物が乾燥対策によいのでしょうか。

 

肌の水分保持力は細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%を担っています。細胞間脂質と天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれます。タンパク質は肌を作るために必要な栄養素で、不足するとターンオーバーが乱れて乾燥してしまいます。カロリーを気にしている女性は、肉や魚を控えがちなので、タンパク質が不足しています。意識してタンパク質を摂ってターンオーバーを正常にしましょう。

 

乾燥を改善するためには、1日3食毎回手のひら一枚分のタンパク質を摂る必要があります。食品によってアミノ酸バランスが違うので、肉・魚・卵・大豆などいろいろな食品を食べるようにしましょう。

 

人間には体内で合成できない必須脂肪酸があります。必須脂肪酸は細胞膜の原料になり、ツヤツヤしっとりした肌を作ります。不足するとターンオーバーが乱れます。

 

必須脂肪酸にはオメガ3とオメガ6があります。現代人はオメガ6を意識しなくてもたくさん摂っているので、それ以上意識して摂る必要はありません。不足しているのはオメガ3です。オメガ3は魚・クルミ・亜麻仁油・しそ油などに豊富に含まれています。日本人の魚離れが進んでいるので不足傾向です。魚を食べる機会を増やしたり、亜麻仁油を食事に加えるなどして意識して摂ることでターンオーバーが整ってきます。熱に弱いので亜麻仁油やしそ油は加熱調理に使わず、サラダにかけるなどして食べましょう。

 

ビタミンAには天然保湿因子の生成を促したり、粘膜を形成する働きがあります。うなぎ・卵・レバーなどに多く含まれています。βカロテンから体内で必要なだけ合成することもできます。βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれています。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。

 

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す働きがあります。柑橘類・イチゴ・パセリ・パプリカ・ブロッコリーなどに多く含まれています。一度にたくさん摂っても排泄されてしまいますが、こまめに摂ることで効率的に吸収できます。

アンチエイジングには有酸素運動を。

 

アンチエイジングにためには、スキンケアや栄養のある食生活の他に、適度な運動も必要です。

 

運動といってもきつめの運動は逆に老化の原因となることがあります。

 

きつい運動でたくさんの酸素を短時間で体内に入れることで、活性酸素が生まれます。

 

私たちは酸素を常に体内に取り入れていますが、その酸素が活性酸素に変化することは通常ありません。
この活性酸素は、私たちの体の老化を進行させるものと考えられています。

 

活性酸素は言葉としては悪いイメージはありませんが、これが増えるとサビが生じてしまいます。いわるゆ酸化です。

 

 

酸化すると、肌へのシミ、シワ、たるみを引き起こします。

 

肌だけでなく病気を引き起こすものとも言われており、糖尿病、がん、老人痴呆、白内障などさまざまな原因となる可能性があります。。

 

名前以上に恐ろしいものであることが分かったかと思います。

 

アンチエイジングに大敵なことはもちろん、体の組織までも破壊してしまうものなのです。かといって、まったく運動をしなければそれも老化を引き起こします。

 

過度な運動は老化に繋がりますが、適度な運動であれば逆にアンチエイジング効果があります。

 

一番おすすめな運動は、有酸素運動を取り入れることです。

 

有酸素運動とは、糖質、脂質をエネルギーに変え運動源にします。

 

比較的軽い運動であり、続けやすい運動でもあります。

 

有酸素運動の例として、軽めのジョギング、ウォーキング、水泳などがあげられます。

 

また、時間を決めて行うヨガも効果が高いです。

 

いずれも自然な呼吸法で行う運動ですが、水泳は水中で歩いたり、浮遊する運動が好ましいです。

 

有酸素運動は20分程度行うと効果が期待でき、脂肪も燃えやすくなります。

 

また、続けることによって新陳代謝の機能があがります。

 

新陳代謝が上がると、ダイエット効果、美肌、病気の予防、便秘の改善、冷え性、生理不順の改善などいいことづくしで、当然アンチエイジングにもなります。

 

毎日でなくても、週に三日程度と続けるだけでも違います。

 

朝の散歩としてウォーキングしたり、犬の散歩でも有酸素運動を取り入れることが出来る、気軽な運動です。

 

アンチエイジングとしては、シミ、シワ、たるみの改善、予防、肌のツヤなどが期待できます。

 

有酸素運動の際に水分もこまめに取るとさらに新陳代謝が上がりやすく、体内の老廃物を体外に排出しやすくなります。

 

アンチエイジングは無理なく続けることが大切です。

 

自分が出来ることからはじめ、若返りに向けてがんばりましょう。

いま注目のおすすめコスメ