人気のアンチエイジング基礎化粧品ランキング

人気のあるアンチエイジング世代向け基礎化粧品を実際に使用しておすすめ順にランキングにしています。
また、アンチエイジングにまつわる面白エピソードも掲載しています。

洗顔するたびに、肌がどんどん若返って来るみたいです。

 

年齢を重ねる毎に肌の水分量が低下し、潤い不足が気になるようになって来ました。

 

毎日当たり前の使用している化粧水の浸透力が、あまり良くありません。

 

その原因はもしかしたら、肌に溜まった余分な皮脂や古い角質の仕業かもしれません。

 

汚れた雑巾で床を磨いても床は綺麗になるどころか、益々汚れてしまいます。

 

肌も一緒で汚れた肌にスキンケア化粧品を塗っても、美容成分は吸収してくれません。

 

肌の汚れを、一度スッキリさせなくては。

 

そこでピンと来たのが、以前女性週刊誌で見て気になっていた、どろあわわです。

 

ネットの公式サイトでどろあわわの詳しい情報を、検索してみる事にしました。

 

どろあわわには肌の汚れを吸着してくれる泥と、開いた毛穴をキュッと小さく引き締めてくれる泡が、Wで配合されています。

 

そういえば以前泥パックをした時、肌がしっとりと潤い透明感がアップした事を思い出しました。

 

泥には肌の汚れをスッキリさせる効果と潤いを与えてくれる効果、そして透明感をアップさせてくれる効果があるのですね。

 

どろあわわで洗顔をして綺麗な肌になりたいと思い、電話で注文をする事にしました。

 

どろあわわを500円玉サイズ程手の平に取ったら、付属の泡立てネットを使用して泡立てを開始しました。

 

そしたらみるみる泡が立ち、ご飯茶碗山盛り一杯分程の泡が出来上がりました。

 

泡はとてもキメが細かく、、まるでクリスマスケーキの上に乗っているクリームのようでした。

 

たっぷりの泡を肌に乗せたら泡のクッションを利用しながら、手の平をくるくると動かし優しくマッサージをしました。

 

マッサージをしていても泡がへたりにくいので、洗顔が楽しいですね。

 

臭いや刺激は無く、敏感肌の私でも安心して使用するこ事が出来ました。

 

鼻の周り、額、頬のポツポツ汚れは念入りにマッサージをしてから、よく洗い流しました。

 

洗い上がりの肌はしっとりスベスベで、艶々に輝いていました。

 

それはまるで美容液を塗った後の、肌のようでした。

 

今まで使用して来た洗顔剤も肌の潤いは守ってくれましたが、どろあわわの潤い感にはかないません。

 

この後に使用する化粧水や美容液の浸透も、グッと良くなりました。

 

気になっていた毛穴の汚れはスッキリですし、毛穴の開きも目立たなくなりました。

 

洗顔するたび肌の水分量がアップして、どんどん若返って来るみたいです。

 

どろあわわのおかげで、はつらつとした毎日を過ごせるようになりました。

 

今度実家に住んでいる母親にも、教えてあげようと思います。


アンチエイジング効果をより高めるスキンケア

 

毎日のスキンケアは、ポイントを押さえた正しい方法で行うことで、アンチエイジングの効果をより高めることができます。スキンケアで一番大切なのは、肌の水分量と皮脂の分泌量のバランスを整えることです。肌を乾燥させすぎても、脂分が多すぎても肌トラブルに繋がりやすくなり、老化を進めてしまう原因になります。スキンケアで肌バランスをしっかり整えることこそ、アンチエイジング対策の大切なポイントとなるのです。

 

スキンケアにおいて、まずは洗顔の仕方もとても重要なポイントとなります。洗顔では、刺激が少なくマイルドな洗顔料を選ぶようにしましょう。洗う時は、しっかりと泡立て、泡で顔をなでるようにして汚れを浮かせます。皮膚が傷つく原因になりますので、ゴシゴシ強く擦ってはいけません。

 

洗い流す時は、ぬるま湯で泡が残らないようキレイに洗い流します。風呂上りに水分を拭く時も、タオルでゴシゴシ擦らないように、そっと押し当てるように水分を取ります。その後、出来るだけ早く化粧水をつけるようにしましょう。その間にも、肌の水分がどんどん失われている状況にあるからです。タオルドライ後、1分以内に化粧水をつけるのがベストです。

 

化粧水は、肌馴染みが良く、ベタつかずサラサラすぎないものがオススメです。化粧水をつけて1分待ち、浸透したなと感じてから、乳液やクリームを塗ります。もし、化粧水を1回つけただけでは物足りなさを感じるのであれば、もう1度化粧水をつけて1分待ってから、乳液やクリームを塗るといいでしょう。

 

乳液は水分と油分がバランス良く配合されており、クリームは乳液よりもより油分が多めに配合されています。季節や肌の状態に合わせて使い方を変えることが大切です。

 

また、美容成分が豊富な美容液を使うのもアンチエイジングに効果的です。アスタキサンチンや、ビタミンC誘導体、セラミド、コラーゲン、プラセンタエキスといった様々な美肌成分が豊富に含まれています。これらの美容成分により、しわやたるみといった肌トラブルを集中的にケアすることができます。

 

美容液を使う時は、化粧水をつけた後に使うのが一般的です。化粧水、美容液をつけ、肌に成分を浸透させてから、乳液やクリームで肌にフタをするといった順番になります。

 

基礎化粧品を使う順番は必ず、化粧水→美容液→乳液かクリームといった順番を守るようにしましょう。順番を間違えると、せっかくの効果が大きく損なわれてしまいます。使う量なども、肌の水分量や皮脂の分泌量の状態に合わせて調節して使うことが大切です。


アンチエイジングのための糖質制限と運動

 

アンチエイジングを行うことによって、生活がとても充実します。アンチエイジングとは内面的な要素と外面的な要素があります。内面的は健康に直結しますし、外面的な要素は若さを保つことでルックスが良くなります。女性にとっては、外面的なアイン地エイジングが重要なのではないでしょうか。

 

アンチエイジングを行うためには、日々のちょっとした努力が必要になります。何もせずにアンチエイジングを成し遂げることはできませんので、少しでも良いので努力をするようにしましょう。

 

アンチエイジングのためには、糖質制限を始めましょう。アンチエイジングとは老化を止めることですが、老化と密接に関係しているのが糖分です。

 

糖分を身体にたくさん摂取するようになると、糖化が始まってしまいます。糖化から発生するAGEが、皮膚や内臓などについて機能が低下してしまいます。

 

したがって、糖分を摂取しすぎてしまうと老化が促進されることになります。アンチエイジングのためには、糖質制限を行うと良いでしょう。糖質制限をするためには、食べて良い食材と食べてはいけない食材を見極めることが必要です。
食べてはいけない食材は、ご飯やパンや麺類など主食となり得るものや、お菓子類や甘いジュースなどです。果物や野菜のじゃがいもやサツマイモにも多くの糖質が含まれています。

 

お総菜などを購入するときは、必ず炭水化物の量を見るようにしましょう。この炭水化物が糖質です。糖質制限は、最初の数日間がとても辛いのですが、それを乗り切れば続けやすくなります。糖質制限は炭水化物が多い食材以外のものは食べることができるので、肉類や魚類や野菜類を食べるようにしましょう。

 

肥満は非常に老けてみられることが多くなりますが、糖質制限はダイエット効果も大きいので、肥満による老化現象も抑えることができます。糖質制限と同じく大切なのが運動です。

 

運動をすることによって、基礎代謝を上げることができるので老化を抑えることができます。運動と言えば有酸素運動のイメージが強いのですが、基礎代謝を上げるためには筋力トレーニングを重視しましょう。筋力トレーニングですが、女性だと最初は負荷の高い筋力トレーニングは中々できません。

 

腕立て伏せ、腹筋、スクワットが基本の動きですが、最初は無理なく始めるようにしましょう。腕立て伏せのときに膝をついたりすることで、負荷を弱めることができます。筋力トレーニングで大切なのは、継続して続けることです。


 

食べ物でのアンチエイジングのポイントとは

食べ物は肌や毛髪を美しく作る材料でもあり体全体に係わるものですが、食事内容が乱れると逆に体を弱らせたり肌や毛髪を荒れさせる事にも繋がり、老化にも直結するものです。

 

老化促進させる食べ物や食べ方というものがあり、それを知る事によって問題を回避しアンチエイジングに結び付ける事が出来ますが、ポイントとしては消化負担をかけ過ぎずに腹八分に押さえる事と、老化促進させるファーストフードや油モノ、甘いものの量を減らす事が重要です。

 

食べ過ぎというのは老化促進させますから、暴飲暴食はアンチエイジングの大敵であり、消化には酵素を大量に使う事になって体への負担も大きくなりますし、酵素を補充して無駄使いさせないという事がアンチエイジングの基本になります。

 

酵素というのは生野菜や果物から摂取可能なものですが、酵素が沢山含まれた野菜には普段食べる機会が多いものがあり、大根や人参、キャベツにレタス、トマト等が挙がりますし、果物はリンゴやバナナ、キューイ等が代表的です。

 

20代後半辺りから老化を実感される方も多いですが、酵素量は加齢と共に減っていくのは当然であり、外部から補填してあげなければ消化負担に対して弱くなったり老化促進させますし、40代前後になれば女性ホルモン激減によって老化はさらに実感出来るようになり、この時期に暴飲暴食を続けていると美容や健康面だけの問題だけではなく、病気リスクに直結しやすくなります。

 

酵素が含まれた食材は熱に弱いですし、ミキサーにかけてジュースを作る人も居ますが、ジューサーが高速回転のものならば摩擦熱で酵素が消えていく事になりますから、低速回転ジューサーを使って酵素ドリンク摂取が有効です。

 

酵素を満たす事で消化酵素や体力や神経、臓器の修復に繋がる代謝酵素が働き、若々しさを保つ事が出来ますし、酵素は漠然と摂取するだけではなく、補酵素であるビタミン摂取を行う事で相乗効果を産んでくれます。

 

生野菜や果物の他にも和食には酵素が含まれて腸内環境も美しくする特徴があり、納豆、キムチ、味噌、醤油、漬物等の発酵食品を活用する事も望ましく、こうした発酵食品はアンチエイジング効果が高いものです。

 

腹八分にする事は酵素の無駄使いを避けますし、酵素摂取は心身を良い状態に保つ事が出来る上に、排泄作用も高いですから腸内に毒素を溜めずに過ごせる利点もあります。

 

酵素やビタミン摂取は腸内環境を整える事にも直結しますし、腸内環境が整うと免疫や代謝が高まって老廃物を外に流して栄養吸収力が高まり、若々しい方は大抵腸が綺麗な方です。

 

肌トラブルや毛髪トラブルが多い方は腸内環境に問題がある場合も多いですし、腸内を汚すファーストフードやケーキ、菓子類、油モノのような消化負担が高いタイプのものを減らす方が良いですし、脂肪蓄積や糖化によって体は老化促進させる食べ物になりますから付き合い方には注意が必要です。

 

もちろんハンバーガーや脂身の乗った肉類、揚げ物、ケーキ、こういったものが好きな方も多いですし、完全に辞めてしまうと多大なストレスで心身に悪影響が起こる事もありますから、あくまで意識して減らす事から始める事は有効と言えます。

 

日焼け止めでお肌に大敵な紫外線対策

お肌に大敵な紫外線はUVA、UVB、UVCと波長によって3つに分かれます。

 

地表に届く紫外線のうち90%はUVAと言われており、お肌に浴びるとサンタンと呼ばれる黒くなる日焼けを起こします。

 

UVBは残りの10%ほどと少ないですが、波長が短い分だけお肌への悪影響が強いです。

 

お肌に浴びるとサンバーンと呼ばれる赤くなる日焼けを起こします。

 

軽いヤケドを起こしたように赤くなりヒリヒリとした痛みを生じることがあります。

 

UVCは一番お肌への悪影響が強いですが、地球のオゾン層に阻まれて殆ど地表に届かないです。

 

UVAは雲やガラスを通り抜けてしまうので太陽が出ていなくてもお部屋の中に居ても浴びることがあります。

 

UVAはお肌のしわやたるみなどの原因になることが、UVBはメラニン色素がお肌に増えてシミやそばかすの原因になることがあります。

 

アンチエイジングが気になる女性はなるべく紫外線を浴びたくないところです。

 

そんなときの紫外線対策に便利なのが日焼け止めです。

 

日焼け止めにはよくSPFと言う値が記載されていることがあります。

 

これはSun Protection Factorサンプロテクションファクターの頭文字を取ったもので、お肌への悪影響が強いUVBカットの性能を表す値として利用されています。

 

値が大きいほどUVBカットの性能に優れていて、SPFが51より大きい場合は最大50+と記載されています。

 

個人差がありますがUVBを浴びだしてお肌が赤くなる日焼けを起こすまで20分くらいの時間が掛かります。

 

SPF30と記載されていたら20分の30倍である600分、10時間は遅らすことが出来ると言う意味です。

 

SPF50なら20分の50倍である1000分、16時間以上にもなります。

 

夏の太陽の出ている時間は地域によって差がありますが16時間以上では長過ぎます。

 

通常の生活ではSPF50はオーバースペックになる可能性が高いです。

 

値が大きい日焼け止めを使ったほうが良いのではと思われるでしょうが、値が大きいほどお肌への負担が強くなります。

 

なるべく外出時間に合ったSPF値の日焼け止めを選ぶことが大切です。

 

SPF30なら10時間遅らすことが出来るので十分な紫外線対策が期待できます。

 

いくつかの日焼け止めでSPF30のものが見られますが中でもビオレさらさらUVマイルドケアミルクeはお水がベースとなっているので使い心地が良いのが魅力です。

 

さらにパウダー配合でサラッとしていますし、アルコールフリー、無着色、無香料でお肌にもやさしいです。

 

化粧下地としても使用が可能、アレルギーテスト済みなうえに日本製で安心など他にもいろいろな魅力があります。

 

ビタミンC誘導体でアンチエイジング

人は呼吸によって酸素を肺に取り込みし、取り込んだ酸素を血液の流れに乗せて身体の隅々の細胞へ運んでいます。

 

そうして取り込んだ酸素のうち一部が活性酸素に変わります。

 

変わった活性酸素は身体に侵入してきたウイルスや細菌から守ってくれるのですが、増えすぎると細胞と結びついてお肌の老化につながってしまいます。

 

活性酸素はストレスの抱え込み過ぎ、紫外線の浴び過ぎ、タバコやお酒の飲み過ぎ、激しい運動のし過ぎなどが原因で増えることがあります。

 

活性酸素が身体に増えすぎても自覚症状は出ないので、アンチエイジングのためには何らかの予防を行っておきたいところです。

 

ビタミンCは優れた抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれると肌年齢が気になる女性に特に期待されています。

 

さらにシミを薄くしたり、お肌にハリをもたらしたり、免疫力を高めたりいろいろな作用があると言われています。

 

そんな作用が注目され最近ではビタミンC配合の化粧水や美容液が増えてきました。

 

しかしお肌には元々バリア機能が備わっており、水溶性のビタミンCは弾きやすいです。

 

いくらお肌に良くても浸透しないのでは実感することは出来ないです。

 

さらに加熱すると壊れやすい上に不安定と言う欠点もあります。

 

そこで浸透しやすく安定しやすいように加工したビタミンC誘導体が開発されました。

 

ビタミンC誘導体には水溶性の他にも油溶性があります。

 

水溶性ビタミンC誘導体は即効性が期待できる、過剰な皮脂の分泌も抑える作用まで期待できると言うメリットがあります。

 

オイリー肌の方にピッタリですが、乾燥肌の方は皮脂の分泌を抑える作用のためかえって乾燥しやすくなることがあります。

 

油溶性ビタミンC誘導体は水溶性と比べると即効性には劣りますが、お肌になじみやすく保湿力が高いため乾燥肌の方にピッタリと言うメリットがあります。

 

最近では水溶性と油溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体APPSまで開発されています。

 

APPSは通常のビタミンCと比べると100倍も浸透性が良いと言われています。

 

そんなAPPSを配合した化粧水の中にドクターシーラボのVC100エッセンスローションがあります。

 

この化粧水ならAPPSを200%と高濃度配合しているのが一番の魅力です。

 

その他にもフラーレンやアミノ酸、フルーツ酸、ツバキ葉エキス、コラーゲン、ヒアルロン酸など美容成分が多種類配合されています。

 

化粧水は使用する水がとても大切ですが、この化粧水では富山湾の海洋深層水を使用しています。

 

普通の水より海洋深層水の方が浸透性が良いと言うメリットがありますので注目してみて下さい。

 

酵素サプリで不足しがちな酵素を補う

人の体内では酵素が働いて健康を維持しています。

 

体内にある酵素には消化酵素と代謝酵素の大まかに分けて2種類あります。

 

消化酵素は人が食べたものを消化する際に役立っている酵素です。

 

デンプンを分解するときにはアミラーゼ、タンパク質を分解するときはプロテアーゼ、脂肪を分解するときはリパーゼが働きます。

 

消化酵素によって体内に吸収された栄養素はエネルギーとなりますが、代謝酵素はそのエネルギーを働かす役割を持っています。

 

その他にも新陳代謝の向上や免疫力の向上などに大きく役立っています。

 

この消化酵素と代謝酵素はバランスを保って働いており、消化酵素の働く量が多くなると代謝酵素の働く量が減り、逆に代謝酵素の働く量が多くなると消化酵素の働く量が減ります。

 

消化酵素が不足してくると太りやすくなったり、老化に繋がることがあります。

 

代謝酵素が不足してくると便秘がちになったり、疲れやすくなることがあります。

 

偏った食生活や過度なストレスなど何らかの原因で酵素は不足しがちです。

 

酵素は生の野菜や果物に含まれていますが、十分な量をこれらの食材から摂取するにはたくさん召し上がらないといけないです。

 

そこで不足しがちな酵素を補いたいときに魅力なのが酵素サプリです。

 

酵素サプリは様々な野菜や果物を原材料に使用しています。

 

酵素は熱に弱い特性があり、加熱調理すると壊れてしまいますが酵素サプリでは特殊製法にて生のままの酵素が配合されているものが多いです。

 

酵素ドリンクの方が一般的に良く知られていますが、独特な味がして飲みにくいことがありました。

 

ビンに詰め込まれているので携帯するときに不便です。

 

しかし酵素サプリなら粒をお水と一緒に召し上がるだけ、独特な味が苦手な方でも大丈夫です。

 

携帯しやすいので旅行や出張に行ったときでも続けやすいです。

 

その代わりに酵素サプリは置き換えダイエットには不向きと言うデメリットがあります。

 

しかし酵素ドリンクは高価なものが多く毎日続けにくいデメリットがあります。

 

酵素サプリでは約1か月分で2000円から3000円くらいのものがあり、1日あたり約70円から約100円くらいと安いので毎日続けやすいです。

 

酵素サプリによってかなり価格に差があるのでよく比較して選んでみて下さい。

 

しかしあまり安いものでは失敗する可能性があります。

 

生の酵素を配合するために48度以下で製造しているもの、非加熱で製造しているものを選ぶことが重要です。

 

使用している原材料も多種類の方がベストです。

 

早く実感したいからと過剰摂取するとかえって悪影響が出ることがあるので、パッケージに書かれている用量用法はきちんと守って下さい。

 

バナナを召し上がってアンチエイジング

アンチエイジングに興味がある女性にとって大敵なのが活性酸素です。

 

活性酸素が過剰になると細胞と結びついて酸化させてしまいます。

 

細胞が酸化することで老化を進ませてしまうと言う有り難くない性質があるのです。

 

鉄が酸素と結合して赤く錆びて次第にボロボロになってしまうのと同じ理屈ですが、そんなときでも抗酸化作用を持つ食べ物を積極的に摂取すれば発生した活性酸素を取り除くことが期待できるのです。

 

いくつかの食べ物で抗酸化作用を持っていますが、特に魅力的なのがバナナです。

 

バナナには優れた抗酸化作用を持つポリフェノールが含まれています。

 

熟したバナナの方が多く含まれている傾向が見られます。

 

ポリフェノールはワインに多く含まれていることで知られていますがアルコールも含まれているのでお酒が苦手な方は飲めないです。

 

しかしバナナならお酒が苦手な方でも大丈夫、味も甘くて美味しいので毎日続けやすいです。

 

バナナを嫌いと言う方は少ないでしょうから多くの方でアンチエイジング目的に食べることが出来ます。

 

バナナにはむくみの改善に期待されているカリウムも豊富に含まれており、足のむくみが気になる方にも魅力です。

 

さらに糖質の代謝をサポートするビタミンB1やビタミンB2、カルシウムの吸収をサポートするマグネシウム、妊婦さんや授乳中の女性に不可欠な葉酸、整腸作用が期待されている食物繊維、睡眠をサポートするセロトニンなど栄養素がたくさん含まれています。

 

バナナは甘いのでカロリーが高いイメージがありますが、バナナ1本で84kcalほどしかないです。

 

白米のご飯茶碗1杯分のカロリーは235kcalほどもあり、バナナ1本と比べると3倍ほどもカロリーが高いです。

 

白米のご飯茶碗1杯からバナナ1本に置き換えすれば、摂取カロリーを控えることだって可能です。

 

バナナ1本でも意外と腹持ちが良いのでご飯と置き換えしても空腹感で悩まされることは少ないです。

 

無理な食事制限でダイエットしようとすると必要な栄養素が足りなくなりかえって健康に悪いです。

 

そんなときでもバナナなら必要な栄養素を補給しながらダイエットが目指せます。

 

さらにバナナには糖質をスピーディーにエネルギーに変えるため疲労回復にも良いと言われています。

 

スポーツする方の栄養補給にもよく食べられているくらいです。

 

バナナは近所のスーパーや八百屋さんで安く店頭に並べられているのであまりお金も掛からないです。

 

その代わりにたくさん召し上がり過ぎるといくら低カロリーでも体重増加に繋がりやすいので注意して下さい。

 

どんな食材も過剰に召し上がるのではなく、程々と言うのが大切です。

いま注目のおすすめコスメ