化粧水おすすめ人気ランキグ

化粧水ランキング

30代、40代に人気のある化粧水を実際に使用して、ランキングにしました。また、化粧水にまつわる色々なエピソードも掲載しています。

化粧水の使い方

 

わたしは昔からオイリー肌で、若いころはニキビに悩んできました。

 

しかし、年齢を重ねるとともに、おでこと鼻すじはオイリーですが、頬や口回りや目の周りは乾燥しているようになりました。

 

そこで色々な化粧水を試してきましたが、なかなか自分の混合肌に合うものを見つけるのに苦労してきました。

 

年齢的にはうるおいや保湿成分の入っている化粧水が良いのでしょうが、なんで、おでこや鼻すじはまるで10代かのようにオイリーでテカっています…。

 

前に一度、薬局にいる化粧部員のお姉さんにおすすめされて、30代からの化粧水というものを買ってみたことがあります。

 

やはりコエンザイムQ10や、ヒアルロン酸が配合されていて、しっとりうるおうタイプのものでした。

 

新しい化粧水を使うときは毎回どんな効果が出るのか楽しみで、わくわくします。

 

お風呂上りに早速、その化粧水を塗ってみました。

 

一晩明けて、鏡で顔を確認してみたところ、頬や口の周り、目の周りはプルプルです。

 

やはりいつもより高い化粧水は違うな、と感動していた矢先、前髪をあげておでこを確認したところ、一気に感動が冷めてしまいました。

 

今まで見たことがないくらい、皮脂が出ていて、ベタベタになっていたのです。

 

一晩それを放置していたからなのか、赤い吹き出物のようなものも何個か出来てしまってました。

 

やはり、オイリーなおでこには、このしっとりする保湿系の化粧水は合わなかったようです。

 

混合肌の難しさを実感しました。

 

汗をかいたようにべたべたなおでこ、しかも赤い吹き出物、昔悩んでいたニキビを思い出してしまいました。

 

朝からテンションが下がった出来事でしたが、せっかく高い値段を出して買ったこの化粧水を使わないのはもったいないです。

 

しばらくは頬や口回りなどの乾燥が気になる部分にだけ塗るようにしてみました。

 

おでこや鼻すじにはオイリー肌用の化粧水を塗って、分けて使用することになりましたが、顔全体に塗らないので、なかなかその高い保湿の化粧水が減らないのです。

 

なんだかもったいない気がして、他の使い道がないか考えてみました。

 

この保湿成分を生かせないだろうか、どこかほかに乾燥が気になる部分はないだろうか、と考えたところ、最近乾燥が気になっていた部分がありました。

 

それは、髪の毛です。年齢とともに髪のパサつきが気になっていました。

 

そこで、お風呂上りの洗髪後の髪の毛に、この化粧水を髪の毛全体に塗ってからドライヤーをかけてみたのです。トリートメントのような効果が出るような気がしたのです。

 

しかし乾いた髪の毛は、いつもにも増してパサパサ、というかパリパリになってしまいました…。

 

結局髪の毛用ではないので、合わなかったです。

 

これからも失敗を繰り返し試行錯誤しながら、このお高い保湿化粧水の使用方法を考えていきたいと思います。

 

会社員 年齢・34歳


買いだめした化粧水の使い道

 

私が、初めて化粧品を手にしたのは大学入学の時でした。

 

入学のお祝いに、大手化粧品メーカの化粧品を一式購入してもらいました。そのメーカーはドラッグストアなどでは販売されておらず、百貨店の一部店舗の化粧品売り場で販売されていました。

 

そのため、独身時代は化粧品を購入するときには、まとまったお金を持って、少し離れた百貨店へ電車で行き、カウンターに座りながら、さまざまな化粧品を楽しみながら買ったものでした。

 

しかし、結婚後、妊娠をしました。

 

おなかが大きくなってくると、電車を乗って化粧品を買いに行くことは難しくなりました。化粧水や乳液を買ってくると、荷物の重量もかなりな重さになりました。

 

店員に、しばらく化粧品を買いに来られないという話をすると、商品がしっかり決まっていれば、電話で注文したら自宅に送ってくれるということでした。

 

しかも、一定金額以上購入すれば。配送料も無料になるということでした。そのため、私は一定金額以上にするために、一番消費量が多い化粧水を買いだめしておくことにしました。

 

しかし、品質劣化がきになったので、とりあえず二本購入しました。店員によれば、未開封の状態であればかなりもつということではありました。

 

そして、無事に出産を終えました。

 

しかし、産後は化粧をする時間などありませんでした。けしょうどころか、入浴後の化粧水をぬる余裕すらありませんでした。買いだめした化粧水はそのまま保管となりました。使いかけの化粧水も、歯ブラシの後ろに影をひそめました。

 

数年後、子育てもひと段落し化粧をする機会もでてきました。

 

久しぶりに、使いかけの化粧品をひっぱりだして、入浴後に化粧水を頬に当てると、乾燥しすぎた状態の皮膚には刺激が強かったのか、しみるように感じました。未開封の化粧水は、なんとか使えるようでした。

 

使いかけといっても、まだ量は残っていたため手につけてみました。手は頬のようにしみることはありませんでした。それどころか、ハンドクリームよりもサラサラとした質感で、いい香りもします。使いかけの化粧水は、高級ハンドクリームとして使用することになりました。

 

当初は、きれいなお母さんであるために買いだめした化粧水でした。しかし、今では生活で疲れた手を癒してくれる役目になっています。

 

一日の最後に、いい香りに包まれながら手を化粧水でケアしていると、贅沢な気持ちになります。使いかけの化粧水も残りわずかとなってきました。新しい化粧水は顔にきちんと使って、きれいなお母さんをめざしていきたいと思います。

 

在宅ライター、主婦  年齢:36歳


化粧水を冷蔵庫に入れて大失敗

 

私は専業主婦で、41歳です。

 

以前からずっと愛用している化粧水がありました。

 

はじめのうちは洗面台に常温でおいていたのですが、ある時、夏場に冷やして使用したらどんなに気持ちがよいかということを思いつき、その化粧水を冷蔵庫に保管してみたのです。

 

私の家の冷蔵庫は、大型で、冷凍庫が近い場所になると、時々冷蔵庫内であっても凍ってしまうという状況でした。それを考えもせずに化粧水を冷蔵庫にいて、使用してみて気持ちの良いこと。

 

それにはまってしまい、1週間続けて使ってしたところ、ある日少し凍ってしまっていることに気が付きました。そして今度は置く場所を冷凍庫から離した冷蔵庫内に保管をしました。

 

そうすると凍っていた化粧水は溶けて使用できるようになりましたが、一つ不思議なことが…。それは中が分離をしてしまったということです。冷蔵庫に入れただけだったら何の変化もなかったけれど、凍らせたのがいけなかったのでしょう。分離をしてしまったのです。

 

不思議に思い翌日お客様センターに連絡をしてみました。

 

その結果はやはり一度凍ってしまったことが原因ということです。

 

そして使用することには問題がないけれど、分離して沈んでしまったところに効果のある物質が沈んでしまっているので、使用できる部分はあまり化粧水の効果がないということでした。確かにそれを使用しても以前のような保湿を感じることもできませんでした。

 

その一件があってからは、化粧水は冷蔵庫に入れずに保管をしています。

 

残った化粧水はもったいないですよね。決して安いものではありません。残りが半分になってはいましたが、一本が3000円位するので、捨てるのも惜しいです。そのために夫のひげそり用に使用しています。髭剃りの後って肌が荒れるから、それを押さえるために使用をしているのです。

 

私は20歳ころから化粧をはじめてこれまで化粧水が凍ってしまうということはなかったのですが、今回初めてこのようなことが起きて、化粧水の保管の仕方についても考えるようになりました。

 

肌に問題はないとは言っても、化粧水は肌に直接つける物だし、特に顔につけるので、肌荒れしてしまったら、すぐにわかります。そのために化粧水は少しいいものを使うようにしていたのです。

 

また保管方法も売っているときと同じように、常温で保管するのが一番いいのだということが分かりました。ちょっと痛いお勉強代だったと思いますが、身に染みて分かったので、良かったです。


外資系高級コスメをもらったのにもったいなくて使えずにいたら、更にもったいないことに……

38才専業主婦です。

 

独身時代はコスメマニアでコスメ雑誌を毎月購読しては口コミや新商品の情報をチェックし、限定モノや手に入りにくいものは予約や取寄せをしてまで入手していました。

 

基礎化粧品からメイクアイテムまですべて厳選したものを使用していたので月の美容代はけっこうなので、ある月は食費より化粧品代の方が高かったくらいです。

 

そんなわたしも結婚し、マイホーム購入のために節約生活に突入。

 

こどもが生まれさらに節約を強いられる毎日になり、金額的にも時間的にもじぶんには比重がかけられなくなったので基礎化粧品はドラッグストアで安売りされているオールインワンジェル、メイクももっぱらプチプラ。

 

何色も買ったりシリーズを揃えたりはできないので、ひとつ買うのに何日も悩んだり、いざ買いに行っても即決できずテスターを試しまくって時間をかけて買う、もしくは悩みまくった末にやめる……というパターンです。

 

そんなわたしに、独身の友達が海外旅行に行ったということで外資系ブランドの化粧品のセットをおみやげにくれました。

 

久々のブランドコスメに感謝感謝の大興奮!

 

立派なケースに入っていてパッケージも重厚、並べておくだけでおしゃれな雰囲気なのでマイコスメコーナーのいちばん目立つところに飾って悦に入っていました。

 

使いたいのだけどもったいなくて使えない、いま使っているジェルがなくなったら使ってみよう!と思うのですが、いざなくなるとまた同じ安いジェルを購入してしまったりしてずっとただのお飾り状態……。

 

あるとき急に思いたってその外資系高級コスメを使ってみようと風を開けたら、何シーズンも暑くて陽のあたる場所放置してしまったせいでチューブのクリームが分離していて、透明の油分がダラダラ垂れてくるわ、香りが変わってしまっているわでとてもショックでした。

 

でも貧乏性なわたしはダラダラ垂れてくる油をティッシュで吸い取り、香りは気にしないようにして化粧水も美容液もクリームもばっちり使い切りました。

 

もともと肌が丈夫なので(だから独身時代もコスメを片っぱしから試せましたし、結婚してから安いもので適当にお手入れしてもへっちゃらというワケ)、荒れもなくふつうに使えたのでよかったですがやはりクリームはしっとり感が弱く感じましたし、よい香りがとんでしまってちょっと変な香りになるのも悲しいので、コスメはもったいないからとケチケチせず、買ったり貰ったらすぐに使った方がいいなと心底大変反省しました。

 

酵母美白化粧品を仕方なく母と一緒に使用したエピソード

 

私が30代でOLをしていた時の体験談です。

 

私は昔から色黒で顔色が悪く見えるのが悩みでした。

 

ファンデーションを塗ってもすぐにくすんでしまったり、リップの色が暗く見えてしまい、全体的に不健康なイメージになってしまうのです。

 

当時美白化粧品は今程種類がなく、通販でもあまり手に入らない時代でした。

 

化粧品を購入しよと思ったら、デパートか街中のコスメショップに行くのが定番でした。

 

私はとあるショップで化粧品を探していたところ、酵母を使った化粧水を見つけたのです。

 

その化粧水は原水に小さなボトル入りの酵母粉末がついていて、最初に使用する時に酵母を原水に混ぜるという商品でした。

 

酵母は生き物なのでギリギリに混ぜて、一ヶ月以内に使用する、という化粧水だったのです。

 

しかし酵母の働きで「古い角質を落とし、輝く様な明るいお肌になる」ということで宣伝されていました。

 

お値段的に3000円と化粧水にしては高目だったのですが、スタッフの人に「使用して一週間でお肌の色が一段明るくなりますよ」と勧められて購入することにしたのです。

 

早速その酵母化粧水を使用してみたところ、3日目に顔に塗っていたらボロボロと細かいカスが出る様になりました。

 

それと同時にお肌が確かに明るくなるのが感じられたのです。

 

私は「この化粧水は本物だ!」と思って喜びましたが、顔の角質が取れたと感じたのは最初の一回だけでした。

 

一ヶ月も経つ頃には普通の化粧水と同じになりましたが、まだかなり残っていたのです。

 

新しい化粧水に買い替えたいのにまだかなり残っている、そこで私の母に「これいいから使ってみて」と古いボトルをあげました。

 

そして私は新しいボトルを買い、使い始めたのです。

 

しかし1週間程経ってどうも新しい化粧水の方が異常に減っているのに気が付きました。

 

不思議に思って置き場所を移動してみると、母が「あの化粧水、どこにある?」と訊いてきたのです。

 

母は私があげた古い方の酵母化粧水を使い、角質が落ちるのを実感して「新しい方がもっと効果がある」と思い、私が買った新しい酵母化粧水をこっそり使用していたのでした。

 

しかも母の使い方はコットンに化粧水を何度もたっぷり含ませて顔に馴染ませるという、贅沢極まりない使い方だったのです。

 

「だって新しい方が効果があるじゃん。いいでしょ、どうせ一ヶ月しかもたないんだから」母の言い訳に私は呆れてしまいました。

 

確かに一ヶ月で使いきれないのでは無駄になってしまいますが、母にジャンジャン使われるのも癪に触ります。

 

私は母から半額カンパして貰うことで、半年間その化粧水を共有し続けたのでした。

 

仕事が変わってあまり化粧水にもこだわれない程忙しくなり、そうしている間にいつの間にかその酵母化粧水は店頭から消えてしまいましたが、母娘揃って美白に燃えた半年間でした。

手作り化粧水の体験談

 

肌が敏感だったので、色々な化粧水を試すよりも自分で作ったほうが費用もかからないし肌に合うものが作れるのではないかと思い、挑戦してみました。

 

化粧水作りの本を図書館で借りてきて、早速材料を購入して作りました。

 

精製水やフローラルウォーターをベースにして、保湿成分や美白成分などを組み合わせて作っていくのですが、保管する容器も購入しました。スプレータイプが使いやすそうでしたので、スプレータイプにしました。一番材料が揃いやすいシンプルなものを作ってみることにしました。

 

尿素と精製水とグリセリンのシンプルな配合のものです。グリセリンも尿素も化粧品材料を売っているサイトで購入しました。それを容器の中に計量して入れていって混ぜるだけです。

 

容器ははじめに消毒が必要です。原液を作っておくと、それを薄めるだけで化粧水ができるのでかなり楽に作れます。原液は冷蔵庫で保管して1ヶ月くらいは持つみたいです。薄めたものは早めに使わないといけないので作り過ぎには注意が必要です。

 

完成品は体にも使えてしっとりさせる場合はグリセリンの量を調整するだけで良いので初心者向けだと思います。もっと本格的なものにも挑戦してみたかったので、美白効果も期待できるという緑茶を使った化粧水も作ってみることにしました。ただ、本当に緑茶を

 

使うのでお茶の香りがすごくてびっくりしました。あと茶葉が少し混ざってしまうのでそれが気になりました。2週間くらいしたころに匂いがちょっと気になったので捨てました。

 

もう1つ挑戦したのがフローラルウォーターを使用したものです。フローラルウォーター自体に肌に良い効果があるので、そこに保湿成分を加えて作りました。これは香りも良いですし使いやすい化粧水になりました。ただ、フローラルウォーターは少し価格が高いので、精製水で作るよりコスパは悪いです。材料も何を選ぶかで手作りでも割高になることもあります。

 

手作りの場合は、保存料とかを入れないのでニオイや色などをよく見て、変な沈殿物が出ていたり異臭がしたら捨てる必要があります。そのまま使うと肌トラブルが起きたりするので注意が必要です。

 

自分で作る場合、肌に合うものを作れるという反面、衛生面など管理も自分の責任できちんとしなくてはいけません。最近はキットも販売されていて簡単に作れるものが増えていますので挑戦している人も多いと思います。たまに失敗作もありますが、これからも色々挑戦してみようと思います。

 

化粧水を塗ったら顔が寒くなって全身に鳥肌が立ってしまった日

 

初めて化粧水を使った時、その量が分からなくて、物凄い顔がビチャビチャになってしまいました。驚くほどに顔が濡れた状態が続き、冬場で顔が寒くて仕方ないのです。全身がプルプルと鳥肌が立ち、寒さで思わず顔をお湯で洗ってしまったのです。

 

しかも、その化粧水を塗った場所はお風呂の中でした。お風呂なら化粧水が落ちても床が汚れないし、なんだかすぐに浸透するようでいいなと思ったんです。

 

でも、全身が裸の上、顔は冷たい化粧水を塗ったのですから、実に寒くて仕方ありません。それに、髪の毛も洗っていたために、余計に寒いのです。鏡を見ながら塗り、その顔を見てみれば、これまた唇が紫色に変色しています。お風呂場で化粧水を塗るのは辞めておいた方がいいなと思った初体験の日でした。

 

その後も慣れない化粧水を顔に塗る度に鳥肌が立ちます。気温が低い冬場は、本当に顔から全身が寒くなってしまいます。そんな時に、私は閃きました。化粧水を耐熱皿に入れ、電子レンジでチン!して、温めてから塗れば良いんだと閃いたのです。

 

電子レンジで化粧水を温めるなんて、これまた初体験です。ドキドキしながらそのお皿を入れて、10秒、温めました。すると、温かくなったのです。それを顔に塗ると、あの鳥肌も立たず、快適に肌に塗ることができちゃったのです。

 

「やったあ」と喜びました。でも、肌に塗ってから少し経つと、ちょっと顔が寒くなってきます。そこで、顔に鼻と目の穴を開けたサランラップをぴったりと貼ったのです。そしたら顔がポカポカです。我ながらなかなかのアイデアだなと思いましたね。

 

ところが、そのサランラップを取ると、今度は顔に汗をかいているために、違う寒気が襲うのです。汗を凄くかいたような状態になり、ますますスースーします。

 

そんな化粧水をまとめてたっぷりと買ってしまい、家にはストックが4本もありました。初めてだから少し気合を入れて高い化粧水を買おうと思い、1本あたりが5,000円もする化粧水を買ってしまったんです。

 

どうも、その化粧水は肌に合わず、もっと他の化粧水が良いなと思いました。人にあげるのももったいないので、それを腕やお尻、脚に塗りたくりました。もうボディ用として使うことにしたのでした。

 

ところが、今度は全身が寒くなってしまいます。お尻に痒みが出たりして、赤く腫れてしまいました。容器がとても気に入っていたので、中身を全部トイレに捨てて、容器を綺麗に洗いました。

 

その容器に造花を飾り、楽しみました。何だか、ちっとも化粧水を楽しめなかった思い出です。

全身に活用している手作り化粧水

42歳の専業主婦です。

 

2年程前から自分で作った手作り化粧水で、スキンケアしています。きっかけとなったのは、以前使っていた化粧水が、販売中止になったことがきっかけです。

 

敏感肌で乾燥肌なので、肌に合う化粧水を見つけるのがかなり大変です。無添加化粧品のメーカーであっても、肌に刺激を感じたり、赤くなったりすることも多いです。

 

そのため、これまで使っていた化粧水は、20代の頃から15年以上使い続けていました。しかし、販売中止となってしまったことで、別の化粧水を見つけなければいけなくなったのです。しかし、なかなか見つけることができませんでした。そんな時、ネットのあるブログで手作り化粧水のことを知ったのです。

 

自分に合う化粧水がないのなら自分で作るしかないと思ったことから、試してみる事にしました。作り方は簡単です。精製水100mlにグリセリン小さじ1杯を混ぜるだけで出来上がりです。

 

刺激成分は一切使っていないので、全く肌への影響がありません。敏感肌の私にはピッタリの化粧水でした。ただ、市販品のように美容成分が入っていないことから、保湿力が不安でした。

 

しかし、使ってみてその心配はなくなりました。サラッとした使い心地ですが、グリセリンの保湿作用がしっかりと効いています。手作り化粧水には、好みで尿素やヒアルロン酸などの成分を入れてもいいそうです。アロマオイルを入れる人もいるようです。

 

私の場合、超がつくほどの敏感肌なので、極力シンプルな材料で作りたいと思い、精製水とグリセリンしか使っていません。それだけでも、十分な保湿力を感じることができています。しかも思った以上に保湿持続力があり、これは使えると感じたのでずっと使っていくことにしました。

 

作った化粧水は冷蔵庫で保管しますが、それでも1週間から10日間ぐらいしかもちません。100mlを1週間使うとなると、かなりたっぷり贅沢に使えます。

 

毎回ピシャピシャと使っても余るぐらいでした。そこで、たっぷりと化粧水を手にとり、顔に使った後の余った分を体にも塗るようになりました。脚や腕などの乾燥が気になっていたからです。

 

体にも化粧水を塗るようになってからは、体全体がしっとりとやわらかい肌質になってきました。また、冬の時期には頭皮の乾燥も気になります。そんな時には、頭皮にもこの化粧水をワンプッシュしてつけています。

 

頭皮に化粧水を広げながら、マッサージしています。こうすることで、頭皮のツッパリ感や痒みを防げるようになりました。水とグリセリンといったシンプルな材料で作っているので、安心して体全体に使うことができます。

いま注目のおすすめコスメ